[電子タバコ]iQOS互換機!?噂の新種「EFOS E1」のレビューしちゃいます!

はろーはろーべいぱー
VAPE担当です。

電子タバコ関係は基本的に私に回ってくるようになってしまいました。
色々と試飲させて貰えるので嬉しいんですけどね!!

そんなわけで(?)、本日ご紹介するのは巷で噂になっている?なっていない?
新種のiQOS互換機「EFOS E1」です!

※先に記載しておきます。ちょっと長いです。忙しい人の為の読み方は、太字の部分だけ抜粋して読んでみて下さい。

新種のiQOS互換機「EFOS E1」

EFOS E1って何よ?

タバコと言えば火を点けて吸うものなんて考えはもう古いっ!
今は嫌な臭いが残りにくく、ゴミも出にくい加熱式タバコの時代です。

結構前にKamry社のKeCig 2.0 Plusをご紹介させて頂きましたが、
前回同様にアイコスのヒートスティックをそのまま刺して吸えるタイプの加熱式タバコです。
前回の記事についてはコチラ↓↓

今回ご紹介させて頂くEFOS E1は前回の物と違いiQOSの筐体と似たような形状をしております。

EFOS E1とアイコス並べてみた

並べて写真に撮ってみましたが、ちょっとばかりiQOSチャージャーより小さいかな?といった印象。

ではでは、詳しい所を探って行きましょうか!

EFOS E1の良いところ

まぁまずはセールスポイントからですよね。
この辺もこの後もか-なーり正直に言っていきますので、お楽しみにっ!

ヒートスティックをそのまま使える

互換機なんだから当たり前じゃん…って思うかも知れませんが、互換機って思ったよりも数が少ないんですよね。
iQOSの生産の滞りが解消された今となっては、商機と考えるにはちょっと薄いですもんねー。

だからこそ、iQOSには無い機能や使い勝手で勝負してくる互換機が面白いんですよ!

独自に開発された「3D加熱システム」

「3D加熱システム」と言われても、なんのこっちゃと思うかも知れません。

iQOSはブレードにヒートスティックを文字通り差し込む事で、ヒートスティック内部に入り込んだブレードが加熱して
タバコの煙にあたるものを生成しています。

それに対してEFOS E1はヒートスティックを入れるだけ

ヒートスティックは入れるだけ

EFOS E1のホール部分

この様にヒートスティックを差し入れるホールが開いているだけなんです。
ここに差し込まれたヒートスティックをホール部分で加熱して、煙を生成します。

タバコの葉が直に触れるブレード式は、熱が一点?一面?に偏る為、味の出がヒートスティックによってまばらです。
また、iQOSを吸った事のある方なら経験があると思いますが、あのブレード意外と刺さりにくいんです。
ぎっしりとタバコの葉が詰まったヒートスティックを差し込む為、ちょっと力といいますか、コツがいるのです。
また、差し込み具合によっては煙が出ない!?なんて事も…。
どうしてもブレード部分にストレスが掛かるため、ブレードの破損による故障が多いのが難点です。

そのブレード式に対して、こちらのホール式はとっても簡単
力もコツも要らず、サッと差し入れるだけなんです。

ホンットーに楽っ!!!

ホール式はゴミが付かない!?

実のところを申しますと、先に掲載したホール部分の写真は何本か吸った後の写真なんです。
改めて確認してもらって良いですか?

見ました?見ましたよね?
そう、ゴミが無いんです!

ゴミが無いんです!!!

たったそれだけの事かと思うかも知れませんが、このたったそれだけの事が結構オススメポイントなんです。
ブレード式の加熱方法は先ほどちょろっと紹介しましたが、一面だけを熱する為、タバコの葉の熱がその一面に集中しがちです。
故に焦げます→ブレードに張り付きます→新しいスティックを刺します→ブレードの根本まで押し下げられます→溜まります→取れません^q^

ブレード部分の掃除は結構大変で、薄いブレードが折れないよう力を入れすぎず、でもこびり付いた焦げを落とすよう繊細かつ大胆に
掃除を行わなければならない、非常に高度なテクニックの要る作業なのです。

このホール式ならどうでしょう?ちょっと汚れた所でも、さっと綿棒等で拭き取ればもう綺麗!

ちなみに1箱近く吸ってみたところ、汚れているのはホールの中央部に煤?の様なものがちょびっとある程度でした。

凄い…と思わず語彙力が低下してしまうくらいケアが楽な点はかなりオススメポイントです!

操作しやすいボタン部分

これは好き嫌い分かれるかも知れませんが、操作しやすい大きなボタンもオススメポイント!

EFOS E1のボタン周り

EFOS E1のボタン周り2

イルミネーションを写すために、ちょっと暗い場所で撮影してます。
見づらかったらごめんなさい。

この様に本体上部の端に直径1cm無い位の大きめなボタンが配置されています。

ボタン操作について
  • こちらのボタンを3回連続で押して頂くと…起動・終了
  • 起動中に長押しすると…モード変更(後でご紹介します)

また、起動中はボタン周りのイルミネーションが点灯・点滅します

イルミネーションについて

起動中のボタン周りのイルミネーション動作は下記の通り

起動・準備中…緑色の点滅

準備完了時…緑色・または赤色の点灯(緑と赤の違いは加熱モードにより異なる)

喫煙可能時間残り僅か…赤色の点滅

大きなボタンの周りをぐるっと一回りするようにイルミネーションが配置されているので、
視覚的にどのような状態なのか確認し易い点はグッド!

サイッコーにクールでスマートなバイブレーション機能

大変頭の悪さがにじみ出てるタイトルですが、個人的に担当がオススメしたいポイントは
こちらのバイブレーション機能です。語彙力をかなぐり捨てる程度に便利ポイントなんです。

振動するタイミング

  • 起動・加熱準備時
  • 加熱準備完了時 ← ココ!
  • 喫煙可能時間残り僅か時
  • 喫煙終了時 ← ココ!

もう何と言えば良いんでしょう…。至れり尽くせりの通知機能を備えているんです。
バイブで吸えるタイミングと終わりのタイミングを知らせてくれるのはかなり有り難いですよね。

特に運転しながら喫煙される方には持って来いの機能だと思います。

良いところばっかり書いちゃうレビューってどうなのよ!とお思いだと思います。
もちろんダメな点もバッチリ書いちゃいますよ!

EFOS E1の悪いところ

賛否両論なスタイリング

これはホント好みが分かれるところだと思いますが、担当はBAD評価です。

色について

展開されているカラーバリエーションは全2色

  • ホワイト
    …パールカラーで女性向けの化粧品にありそうなパールホワイトのカラーリング
    光の加減に因ってはピンクっぽく見えます。
  • ブラック
    …つや消し塗装を施したマットブラック
    武骨な印象ながらシックなカラーリングはGOOD
問題のスタイリングについて

EFOS E1のボタン周り2

EFOS E1にヒートスティックを差し込んだ絵

ヒートスティックを刺した状態がコチラ
筐体に対して斜めに差し込むのですが、このスタイルと吸っている時の見た目が担当なりのBADポイント

VAPEも楽しんでいる担当としては、筐体に対して垂直だったらVAPEっぽさも出て良かったんじゃないかと思います。
この辺は人に因りますかね。

バッテリー残量の確認方法

ちょっと色々試してみたのですが、ちゃんとしたバッテリーの残量の確認方法が分かりませんでした。

EFOS E1のバッテリーインジケータ

起動中はこの様にバッテリーのインジケータが点灯します。
4つの点に関してはiQOSと殆ど変わり有りません。
点1つが大体25%を指すので、現在75%以上の容量が残っていますという合図になります。

とりあえずで編み出した?確認方法ですが、
ボタン3回押して本体起動→インジケータ確認→ボタン3回押して終了
と、ちょっと手間なのがBADポイント

ちなみにどれくらいバッテリーは保つの?

前回の記事にも記載しましたが、iQOSのチャージャーはざっと20本(約1箱分)喫煙可能となっております。

それに対してEFOS E1の喫煙可能本数は10本となってます。(公式発表本数です)

10本はヘビーに吸われる方には心許ない数字ですよね…。

実際に吸ってみましたが大体12本までは吸うことが出来ました。
(検証を忘れて充電してしまいました。すいませんっ!!!!)

なので、iQOSをガッツリ電池が切れるまで吸いまくる人には、残念ながらオススメし辛いのが難点…。
チャージャーと同等のサイズまで大きくして、せめて15本は欲しかった!

ただし、BADポイント書いている途中でGOODポイント書いてしまうのですが、
なんと、連続5本までチェーンスモークすることが可能です。

この機能はiQOSでは真似出来ないですよね。
チェーンスモークしつつヘビーに吸いたい方は、モバイルバッテリーや充電設備を準備して頂くと満足いく機体だと思います!

バッテリー関連でもう1点BADポイント

充電器が付属しない

スマートフォンが普及した現代において、お持ちで無いという方はあまり居ないと思うのですが、
USBケーブルを使用出来る充電器の類いは付属しません
お手持ちのUSB充電器またはPC等のUSBポートを利用して充電して下さい。

充電はMicroUSB

MicroUSBのケーブルは付属しますので、ご用意頂くのはUSB充電器・若しくはお近くのUSBポート!

ちなみに充電時間はどれくらい?

高速充電に対応したUSB充電器が増えつつあるので、2種類の電流を使用した充電時間をご紹介!

  • 1A充電…110~115分(約2時間)
  • 2A充電…70~75分(約1時間)

電池切れ警告からフル充電までの時間を記載しています。

充電器のアンペア数は充電器に記載されているので、そちらをご確認下さい。

0.5A充電などの充電器もありますが、あまりに電流が少ない為動作が不安定になるかも知れないので、使用しない方が得策です。

EFOS E1のその他

付属品について

EFOS E1の付属品

  • EFOS E1本体
  • USBケーブル
  • 収納用ポーチ
  • 取扱説明書
  • 保証書(後ほど記載します。)

付属のポーチはベロア調のものでした。担当は使っていないので割愛します。

取扱説明書はしっかりと日本語表記の説明ページがあります!!
こういった製品には日本語説明ページが無い事が多いため、かなりのGOODポイント
おかしな言い回しも見受けられなかったので、安心してご利用頂けると思います。

メーカー保証が付いちゃうんです

聞いた時に思わず「えっ?」と言ってしまう程度にはびっくりしました。

だってメーカー保証ですよ?メーカー保証。
互換機にメーカー保証が付く位なので、製品への自信が見受けられますね!

メーカーからの保証期間は3ヶ月とのことです。
ただし、誤った使用方法で破損させた場合は、当たり前ですが保証対象外となります。

用法用量はしっかり守りましょう!

最後に一番重要な味のお話

EFOS E1の味について

正直な話、ここは舌の好みで様々なので、あくまで個人的な感想として捉えて下さい。
また自分の舌だけだとアレなので、他の方にも試飲して頂いております。

感想をつらつら書き連ねる前に重要な要素「加熱モード」のご紹介

加熱モードについて

低温モード(加熱中、緑色のイルミネーション点灯)

じっくりとヒートスティックを熱し、ヒートスティックのタバコの葉が持つタバコ本来の味を演出。
3D加熱システムがヒートスティックをまんべんなく加熱するため、味の出方は低温でもしっかりしてます。
メンソールのヒートスティックを吸ってみたところ、メンソールの味がちょっと弱く感じました。

高温モード(加熱中、赤色のイルミネーション点灯)

より火の温度に近付くためか、タバコの味や煙感は上昇。
温度が上がったせいか、タバコ独特の苦みも強く感じました。
ブレード式のiQOSを吸っていて物足りないと思う人にお勧めのモード

担当と有志の感想

iQOSとは全然違った味がします。ロットに因るのかも知れませんが、ちょっと金属の様な風味を感じました。
味に関しては、火を使う紙巻きタバコにグッと近付いた印象。iQOSのちょっと違うなといった感じの味よりも
紙巻きタバコのあの苦みや重みに近い感じです。

総評

味については賛否両論あると思うので、ちょっと割愛しますが、全体的な感想としましては、iQOSから乗り換えても良いと思わせる一品でした。

バイブレーションとイルミネーションの通知機能がとっても気に入りましたね。
美味しくない・煙の出ない状況で吸わずに済みますし、終わりのタイミングを逃して、味の無い空気を吸わないで済むのもGOOD!

そして何よりチャージの手間から解放されるのがGREAT!

千葉鑑定団東金店では3月の頭から販売を開始しますので、是非ともお試し頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

宅配買取!送料&キャンセル料無料!

ご自宅から売りたい商品を発送頂くだけの買取方法!
宅配キット、送料、査定料、キャンセル料、振込手数料など全て無料!
遠方にお住まいの方、忙しくて時間が無い方、お品物がたくさんある方などオススメ!
確かな査定で買取致します!