[電子タバコ]話題のiQOS互換機!? Kamry KeCig 2.0 Plusが思ってたよりかなり良い件

はろーはろーべいぱー
VAPE担当です。

今回はVAPEでは無く、iQOSなどの加熱式タバコ本体のご紹介です。

Kamry KeCig 2.0 Plus

Kamry KeCig 2.0 Plusって何?

Kamry社は2014年頃にリキッド式の電子タバコ「Kamry X6」で話題になった、電子タバコのメーカーです。
VAPE吸っている人、過去に吸った事のある人なら一度位は名前を耳にしているかも知れません。
かく言う私も、「Kamry X6」を所持していた事があります。
ただあの頃の電子タバコは、現在ほど高機能でも簡単でも無く、リキッドも豊富では無かったのですぐに飽きてしまったんですけどね…。

私の電子タバコ歴はそこら辺に置いといて、今回は「Kamry KeCig 2.0 Plus」ですよ。

Kamry KeCig 2.0 Plus

「Kamry KeCig 2.0 Plus」はリキッドを使用する電子タバコでは無く、タバコの葉を熱して吸う加熱式タバコです。
何とですよ、この「Kamry KeCig 2.0 Plus」ですが、iQOSのヒートスティックをそのまま刺すことが出来ちゃうんです。
平たく言えばiQOSの互換機と言うことになります。

試しに使ってみたところ、これがまた良いですよ!
店員の言ってることなので、いまいち信用に欠けるかも知れませんが、担当なりに良かった点をお伝えできたらな、と思います。

KeCigの良いところ

これ1本で済むところ

iQOSではチャージャーとホルダーがセットとなっており、これが案外嵩張ります。
KeCigならこれ1本ですので、持ち出しやすいかな?と言ったところですね。
またiQOSで有りがちなチャージャーに入れてたのに充電されてない!!と言った現象には遭いようが有りません。

ブレードに汚れが付きにくい?

これは担当の所有しているiQOSが旧型のため、2.4Plusなら違うのかも知れませんが、
どうしてもブレードにタバコ葉が付いてしまいがちでした。
試しにKeCigで吸ってみたところ、ブレードはかなり綺麗なままだったんですよ。
もちろん時間が経過に因って劣化していく可能性もありますが、ブレードのコーティングは文句なしですね。

ブレードの交換が可能

何とこの子ブレード部分を取り外すことが出来ちゃうんです。

仮にブレードが折れてしまっても、ここを変えるだけで良いんです。
ちなみにAmazonで販売しているショップさんがありました。
(参考価格は交換ブレード部1個で2,200円です)

掃除が楽

iQOSのブレード部と外壁の直径は殆ど有りませんが、横窓の大きさが段違いです。
この穴から細めの綿棒や、付属の綿棒を差し込めば簡単にブレードの掃除が出来ちゃいます。

iQOSのホルダーでは結構大変だった掃除が、KeCigでは簡単に出来るんです。
これで美味しくない状態とはおさらばですね!

KeCigの悪いところ

良いところも書いたのですから、悪いところも書いておかないとですよね。
「売る気あるのかよコイツ!」と思われる方がいるかも知れませんが、
どうせ買ってもらうなら、納得した上で買って欲しいじゃないですか。

喫煙可能回数

この回数というのはブレードやバッテリーの寿命のことではありませんので、安心して下さい。
使い捨てとかそんな残念な商品じゃないです。大丈夫です。

iQOSはチャージャーが結構なバッテリー容量を持っているので、想像よりも吸える回数が多いです。
取扱説明書では最低20回はホルダーを充電可能と記載されているらしく、
簡単に言い換えれば煙草20本(1箱分)はチャージャーの充電無しに吸えるって事なんですよ。
1箱吸いきったら充電タイミングって考えると、iQOSって結構考えられて作られてるんだなーって今更思います。

そしてこのKeCigですが、何と満充電から10本吸うことが出来ます。
これは賛否分かれる部分ですよね。

10本ていうと箱半分なんです。ヘビースモーカーな方はちょっと辛いですよね。

iQOSと比べて

  • 充電回数が増える
  • 充電無しに喫煙できる回数が減る

というところはマイナス点ですねー。

サポートに期待できない

これはiQOSもそんなに変わらないのかな…?

Kamry社は国内企業ではありません。
VAPE全般に言えることですが、海外企業に、国内企業と同等のサポートは期待しないで下さい。
と、言うよりも国内企業のサポートは尋常じゃ無い位丁寧で、良い対応をしてくれます。

かなり適当にあしらわれる事もありますし、返信が無いことも良くあります。
また、言語の壁が立ちはだかりますので、予めご了承下さい。

この2点はどうしても担当が伝えたいマイナス点です。

iQOSとKeCigのサイズ比較

試しにiQOSヒートスティックの箱、KeCig、iQOSチャージャー、iQOSホルダーを並べて写真を撮ってみました。

大きさ比較画像

iQOSチャージャーよりも少しばかり長いですね。
iQOSホルダーと比較すると大体2cmほど長いくらいです。
この程度の差なら正直気にならないものです。
ホルダーと比べると太さも殆ど差がありませんので、持った感覚は正直あまり変わらないかな?と言った印象です。
ただiQOSホルダーと違い、持ちやすい様に掘りがあるわけでは無いです。正に円柱です。

その他雑記

充電について

充電についてはiQOSと同じくmicroUSB端子がついています。
充電器は付属しないので、PCなり他のUSB充電器なりを介して充電して下さい。

重さについて

しっかり計測したわけでは無いです。あくまで主観です。
iQOSセットと比べると半分とまではいきませんが、結構軽く感じます。

使い方について

ここしっかり書かないとなー、と思っていたのですが、日本語の取扱説明書がちゃーんと付属します。
使用方法や注意事項もちゃんと記載されているので、使用に際して心配するような点は特に無いです。

気になるお値段は?

忘れていました。
最も重要な事はここでしたね。

税込価格で 6,372 円になります。


人と違う物を試してみたい方、iQOSは吸ってみたいけどコレジャナイ感の有った人、特に理由の無い人
誰にでもお勧め出来るKeCig、是非試してみて下さい!

担当は暫くKeCigで過ごしてみる予定です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

宅配買取

ご自宅から売りたい商品を発送頂くだけの買取方法!
宅配キット、送料、査定料、キャンセル料、振込手数料など全て無料!
遠方にお住まいの方、忙しくて時間が無い方、お品物がたくさんある方などオススメ!
確かな査定で買取致します!