[ミリタリー] ハイキャパ5.1 ゴールドマッチ

こんにちはこんばんは
おもちゃ担当です。

今日は各メーカーがそれぞれ個性的なものを売り出している、ハイキャパのお話です。

東京マルイ製/ハイキャパ5.1 ゴールドマッチ

コルト社の名銃 M1911の弾倉を大型化し、ハイキャパシティモデルとして改造キット等で販売された銃ですね。
実際にハイキャパという名前で販売されていた訳では無いようですね。

デトニクスやマークIV、コンバットコマンダー等など
様々な銃器会社から様々なバリエーションが販売され、初期製造から実に100年以上も現役を続ける
M1911のバリエーションモデルのうちの一つであるハイキャパは、
少ない弾倉がネックとなっていたM1911を更に名銃に押し上げたモデルと言えるでしょう。

実際には存在しない銃ではありますが、ガバメントの無骨さに、複列弾倉のマガジンの大きさ
カスタムパーツの豊富さも有って、モデルガンとしてのハイキャパは担当も大好きです。

時代背景を遡行してみると、銃の歴史は大変面白いものですよ?

みなさんも是非お持ちの銃の歴史を調べてみては如何でしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

宅配買取

ご自宅から売りたい商品を発送頂くだけの買取方法!
宅配キット、送料、査定料、キャンセル料、振込手数料など全て無料!
遠方にお住まいの方、忙しくて時間が無い方、お品物がたくさんある方などオススメ!
確かな査定で買取致します!

コメントを残す